2008年06月16日

ザ・マジックアワー

久々に映画館に行った気がします。
三谷幸喜作品「ザ・マジックアワー」観て来ました。

待ちを牛耳るギャングのボス。そのボスの女に手を出した
手下の備後(びんご)は、生き延びたかったら伝説の殺し屋
「デラ富樫」を連れて来いと命じられる。
期日までに「デラ富樫」を見つけられなかった備後は、
無名の役者雇い、殺し屋役としてボスに会わせる手を思いつく。

劇中劇っぽい雰囲気。
セットのような(実際セットなんですけどね)街並みで起きる
ギャングと役者のストーリー。
最初はちょっとこのノリに入っていけるかなとも思いましたが、
登場人物たちの噛み合わなさと、ものすごい勘違いとユーモアで、
結構笑わせてもらいました。

後からオフィシャルサイトを見て知ったのですが、
街の名前が守加護と書いて「すかご」。
映画の中でも出てきたんですけど、何て読むのかなぁと思っていたので。
ギャングの街ってことですかね。
ちょっと笑ってしまいました。

ちょこちょことネットを探ってみたところ、
映画の舞台は長崎のハウステンボスっぽいですね。

表題のマジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、
まだ辺りが残光に照られているほんのわずかな、
しかし最も美しい時間帯」とのこと。
本作では誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』を意味するとか。
なるほどねっと。
ちょっと綺麗な夕焼けとマジックアワーが見たくなりました。

オフィシャルサイト
http://www.magic-hour.jp/story.html
posted by 光る at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。