2006年07月09日

DEATH NOTE -デスノート-

週間少年ジャンプでお馴染みの「デスノート」を観て来ました。

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。
退屈な死神が人間界にノートを落とし、
ひとりの天才がそのノートを拾った。
天才は死のノートを使い、
世の中の犯罪者たちに次々と死の制裁を下していく。

場所は初めて行ったんですが、
横浜の109シネマズ。
みなとみらい線で横浜から一駅の新高島駅にあります。
まえまえから、映画館ができたのは知っていたのですが、
なかなか行く機会が無くて、今回初。

綺麗な映画館でした。
最近の映画館はどこもそうですけど、
快適ですよねぇ。
心なしかここは、
一人当たりの座席がちょっと広めに見えたりも。
満足。

で、内容の方はどうだったかとうと、
原作はジャンプで読んでいたので大体知っているのですが、
細かいところを結構忘れていて、
うんうん、そうでしたねぇーと思いながら。
映画オリジナルの部分もあって、
なかなか楽しめました。
前編ってことで、話は途中で終わってしまうんですが、
後編はどうなる?原作通りか?はたまた?って
想像するのが結構楽しかったです。

死神リュークも良い感じ。
普通に登場しちゃったら浮いちゃう?って
思ったんですけど、意外に大丈夫。
後編に期待したいです。

109シネマズMM横浜
http://109cinemas.net/mm/index.html

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/
posted by 光る at 12:18| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デスノート見に行ったんですね。
原作読んでないんですけど楽しめますかね?
あと気になっているのが、前編後編と分かれているところ。
話が途中で終わる映画を見たことが無いんで、結構不思議な感じかなって思います。
先が気になっちゃうのでは?
Posted by yen at 2006年07月10日 21:55
原作見てなくても結構楽しめると思いますよー。
知っていると尚ってところですかね。
オリジナル部分と原作の懐かしい部分と(^-^)

話が途中も、割と区切りは良かったかも。
まあ、原作を知っているので、
ある意味完結編分かっているんで(^-^;
気になったら原作を読みあさるという手もあるかなw

ちなみに、前後編に分かれている理由は、
きっと話全体が長いからかなぁと思ったり。
Posted by 光る at 2006年07月11日 02:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20503719

この記事へのトラックバック

デスノートの全て
Excerpt: デスノート情報掲載!!動画や映画の情報もあるよ!!・・・・・
Weblog: デスノート情報館
Tracked: 2006-07-15 01:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。