2005年03月03日

役割と現実

ひさびさに計画徹夜をしてしまいました。
2日の日の深夜3時に動き出すシステムを見守るためお泊り。
結果的には無事に乗り切ってホッとしているところです。
実はリハーサルでごたごたの問題が起きて、
方々から超問題視されていただけに
ドキドキのお泊りでした(^^;

朝まで会社で爆睡して、
早朝、お客さんに結果の報告をして
一応の完了。

さて、本日のお仕事はどうしようかなって迷って、
自分の疲れ度合いから、
家に帰る。

午前中布団でぐっすり眠って、
午後から再出社。
ホントは休んじまおうって思っていたんですけど、
またしても方々からお呼びがかかってしまって、
しょうがないなぁと会社へ。

こんな生活をしていると、
自分って結構必要とされている?って勘違いしちゃいそうです。
でも、冷静に考えると、いなくても何とかなるんじゃないかなと。
これまでにも、たくさんの重要人物が
会社を去っていったり、移動したりしていきましたが、
意外と何とかなっていますし。

先輩にこの話をしたらやっぱり同意してくれて、
「光るが明日交通事故にあって、再起不能になったとしても
仕事は何とか回っていくものさ」って言われました。
ちょっと複雑な心境ですけど、
ある意味肩が軽くなるようなお言葉だったかも。

仕事する上でのメンタルな部分って大きいと思います。
posted by 光る at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | SEのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。