2006年10月28日

初IPO

先日、初めてIPO株が当たりました。
まあ、先日とは言っても、北海道旅行辺りのお話ですが。

IPOとは「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、
未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、
投資家に株式を取得させること。
株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、
上場前に株主が保有している株式が売り出されるが、
これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOと言います。

IPOは結構人気が高く、上場後は大抵値段が大きく上がるので
当たる=ほぼ間違いなく儲かりますなのです。

で、そのIPOに当たった訳ですが、
9月22日(金)が上場日でした。
ちょうどその日はお休みで、
朝から株価チェックをしていたわけですが、
な、な、なんと!結果は、

マイナススタート。。
期待していた6162ミヤノは、公開価格のマイナス約5万円スタート。
そして、最終的にはマイナス8万円ほど。

んー、折角のIPOが。。
大ショックです。
普通は値が上がるのになぁ。
産業再生機構が大株主っていうのもあるし、
日経平均がいまいちっていうのもあるのかなぁ。

こうして初IPOは素晴らしいくらい空振りで終わりました。
IPOを侮ってはいけません。。
残念。
posted by 光る at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。