2007年01月09日

おみくじの行方

今年の初詣は浅草寺に行ってまいりました。
成人式は混むだろうと思って、避けたのですが、
結構な人出。
あまりの多さに、
並んでいる人だかりを写真に撮っている人がちらほらw
何年か前にも浅草寺は行ったことがあったんですが、
こんなに混んでいたかなぁと。
お正月三が日はとんでもないことに
なっていたんだろうなぁと想像。

で、おみくじを引いてきたのですが、
小吉でした。
小吉っていうと、あまり良くない部類?って
想い勝ちですが、意外に良い方なんですね。
書いてあることが良かった。

良いおみじくは結ばないで、
持って帰ってくるんですけど、
皆様、おみじくってどうしてます?
何だか捨てづらいし、
昔のやつをどうしたものかなぁと。

お札みたいに引いたところに持って行って、
焼いてもらったりするんですかね。
んー。

自然と無くなってしまうパターンが一番良い
と思うのですが、
なにぶん物持ちが良いもので。。

浅草では焼きたての人形焼を買って食べました。
美味しい!
浅草はたたずまいが好きな街です。
posted by 光る at 02:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 素朴な疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
浅草寺のおみくじ、辛口なんですよ。
ずーっと昔、初詣でひいたら、見事に「凶」、新年早々縁起悪いので、引きなおしはいけないと知りつつ、お参りの列に並び直し(20分はかかったのですが…)、お参りしてから、再度挑戦するも「凶」、ええいままよとめげずに並び直し、三度目の正直〜と思いきや「二度あることは三度ある」で、みごと三回連続「凶」でした。
さすがに、もうこれ以上悪くなることはないんだと自らをなぐさめ、木の枝に結んで拝んで帰りました。
それ以来、おみくじを引いたことはありません...

ちなみに、いいおみくじは、お財布に入れて持ちあるくとよいと読んだことがあります。
よくないおみくじも戒めのために持ち歩くか、境内の常緑樹の木の枝に利き手と反対の手で結ぶといいそうです。
小吉って、ほどよくいい一年になりそうで、いいですね。
Posted by ミンミン at 2007年01月10日 11:25
浅草は結構相性が良いみたいで、
前回は大吉でした♪
しかし、三回って頑張りましたねw
気持ちは非常に分かるかも。
おみくじは良いものが出るまで、神社めぐりしますw
ほど良くは良いのかもしれないですね。
さい先良いスタート♪
Posted by 光る at 2007年01月13日 00:46
おっと…こっちにも書いてたのか。
じゃあ、簡潔に。

おみくじは捨てたり無くしたりせず、神社に返しましょう。

引いた所じゃなくても大丈夫です。
ほとんどの神社では、枝とか紐とか結ぶ場所が用意されているので、
そこに結んでおけばちゃんと焼いてくれます。

Posted by ゆうき at 2007年01月13日 01:16
なるほどー。やっぱり焼いてもらうんですね。
どこの神社でもOKっていうところが良いですね。
ありがとうです!
これで迷えるおみくじたちの行き所が決まりました(^-^)
Posted by 光る at 2007年01月14日 09:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。