2005年04月24日

オールド・ボーイ

2004年カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した
韓国映画「オールド・ボーイ」OLDBOYを観てみました。

ごく平凡な人生を送っていた男オ・デスはある日誘拐され
気が付くと監禁部屋にいた。
そして15年後、突然の解放がやってくる。
何故、男は15年間監禁されたのか?

CMや番組で取り上げられていて、
ちょっと面白そうだなぁと思ってDVDレンタルしてみました。
元々は日本のコミックが原作みたいですね。
15年も閉じ込められた男っていう設定が
ちょっとミステリちっくで良い感じです。

で、観てみた感想ですけど、
ストーリーのスピード感が良かったです。
監禁場所探しや、監禁の理由探しは
ミステリそのもので楽しめます。
多少グロイシーンがあったのが難でしたけどね。。

気なったのは監禁サービス?業。
依頼者の希望があればターゲットを好きな期間監禁するというもの。
この商売、かなりダークですけど、
意外に需要はあったりして?なんて思ってしまいました。
この設定があるのと無いのとでは
物語の評価が結構変わるだろうなぁと思います。
割とありそう。。って思えたところも良かったのかも。

ダークな浦島太郎話に通じるものがありますね。

オフィシャルサイト
http://www.oldboy-movie.jp/
posted by 光る at 08:27| Comment(2) | TrackBack(7) | 映画のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。Takeniと申します。
オールド・ボーイ、日本のコミックが原作とは知りませんでした。
原作者を調べようとオフィシャルサイトに行ったら、久しぶりにテーマ曲を聴いて、頭の中にいろんなシーンが復活!
また観たくなってきちゃいました。
Posted by Takeni at 2005年04月24日 10:59
はじめまして。Takeniさん。
個人的には、あれで痛そうな描写が無ければ
エンタメ度がぐっと上がりそうだなぁって思いました。
韓国映画は意欲的なイメージがあって
やっぱり好きだなぁと(^-^)
Posted by 光る at 2005年04月24日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『オールド・ボーイ』〜From 大福 to ショートケーキ〜
Excerpt: 『オールド・ボーイ』   公式サイト DVD   監督:パク・チャヌク出演:チェ・ミンシク ユ・ジテ カン・ヘジョン       【あ..
Weblog: Swing des Spoutniks
Tracked: 2005-04-30 06:48

オールド・ボーイ
Excerpt: オールド・ボーイ
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2005-05-07 02:48

オールドボーイ
Excerpt: 「オールドボーイ」 やっと観られたあ!! 全国に遅れをとって、二日間だけの上映。 しかも、映画館ではなく海沿いのとあるホール。 いやあ、迫力あって、スピード感があって、ものすごく 深..
Weblog: 月影の舞
Tracked: 2005-05-11 11:46

オールド・ボーイ 今年の126本目
Excerpt: オールド・ボーイ   原作は、日本の漫画なのね。 おもしろいんだケド、なんかねぇ、、、 ラストまではほんとに、引き込まれて見てしまいましたが、 最後の方は、よくわかんないわ。 自..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-06-29 02:39

どっちの映画SHOW 第12回「ソウ」vs「オールド・ボーイ」
Excerpt: 今週は、ちょっと前に2つ連続で見た似たような映画をご紹介しよう。 R15指定の暴力的な映像!徐々に明かされる謎と、ミステリマニアもうなる驚愕の真相! セブン+キューブの呼び声も高い「ソウ」か?..
Weblog: はまぞうさん
Tracked: 2005-07-05 02:11

オールド・ボーイ
Excerpt: 2003年 韓国 【出演】 チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン 【あらすじ】 妻と幼い娘を持ち、ごくありふれた生活を送っていたサラリーマン、オ・デス。彼はある雨の日に..
Weblog: シネマ??ニャ。
Tracked: 2005-09-09 22:31

オールド・ボーイ
Excerpt: 製作年度・製作国・上映時間 2003年・韓国・120分 監督 パク・チャヌク 出演 チェ・ミンシク 、ユ・ジテ 、カン・ヘジョン 、チ・デハン 、キム・ビョンオク他 STORY カルト的..
Weblog: 映画かよ!
Tracked: 2006-01-11 19:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。