2007年03月18日

どろろ

手塚治虫さん原作の作品なんですね。
CMで見て、TV予告を見て、面白そうって観に行って来ました。
どろろ

乱世の世界。魔物との契約を交わした父により、
その肉体の48箇所を魔物に奪われた百鬼丸。
彼は自らの肉体を取り戻すべく、魔物を追う旅を続けていた。

CG映像って進化すごいですね。
魔物の動きは、すごーいって感心しながら魅入ってしまいました。
まあ、最初の頃の魔物と中盤以降の魔物では、
若干力の入れようが違う。。という感じはしましたが。
※きっと前半に期間を費やしてしまったのでしょうw

いろいろと突っ込みどころもある設定でしたが、
結構好きかもしれません。
48箇所の肉体って、実際にはどう分かれているのかなとか、
魔物を倒すと肉体を取り戻せるのですが、
これってどんどん人間に近づく(生身になって弱くなる??)とか、
個別の肉体って魔物にとってどんな価値があるのかなぁとか。

ロケはニュージーランドってことですけど、
綺麗なところですね。
自然がそのまま残っているところってあるんですね。
こういうところは役者さん&関係者は羨ましいですね。
ちょっと行ってみたいです。
ニュージーランドは、羊がいそうっていうイメージくらいしか
無かったものですから。

中盤以降の展開は見えちゃうものでしたが、
原作はどうなのかなぁと。
漫画探してみようって思います。

Yahoo!映画-『どろろ』特集
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/dororo/index.html

オフィシャルサイト
http://www.dororo.jp/
posted by 光る at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36314212

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。