2005年11月28日

変身

久しぶりに映画を観て来ました。
東野圭吾さん原作の「変身」です。

瀕死の重傷を負った純一は一命を取り留めた。
しかし、何故自分は病院にいるのか?
何が起きたのか?が全く記憶に無かった。
無事退院した純一だが、
徐々に自分が変わっていくのを感じていた・・・。

原作を読んだのはだいぶ昔で、
細かい部分をだいぶ忘れていましたが、
ちょっと読み直したくなりました。
原作はきっと実家にあるはずなので探さねば。

主人公は玉木宏。ヒロインは蒼井優。
原作では確か、
主人公の葛藤に重きを置いていたように思うのですが、
映画版は、ヒロインの方に注目してしまいました。
見ていて可哀想なくらい健気な蒼井優ちゃんに
魅せられたのかもしれません。

自分が変わっていくって実感があったら
ちょっとホラーかなぁって思います。
自分で自分を制御できなくなるのは苦しいと思います。
自分だったらどうするか?
主人公・ヒロイン両方の気持ちを考えさせられた映画でした。

オフィシャルサイト
http://www.henshin.cc/
posted by 光る at 07:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

「変身」が映画化されたんですか!知らなかったです。
ぜひ小説版と比べてみたいですねー。

東野圭吾さんのミステリーは観点が意外で非常に好きです。

来年1月には「白夜光」がドラマ化されますよー。

オフィシャルサイト
http://www.tbs.co.jp/byakuyakou/
Posted by とせやん at 2005年11月28日 22:46
あまり上映規模は広くないんですけどね。
東野ファンがこんなところにもいましたねっと、
ちょっと嬉しいものがあります(^-^)

『白夜行』はちょっと前に読んだんですけど、
あれは深い作品でしたよね〜。
果たしてドラマであれを表現できるのか!
と少々心配気味だったりします(^-^;
お知らせありがとです。
Posted by 光る at 2005年11月29日 01:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

卒業:雪月花殺人ゲーム 東野圭吾著
Excerpt: 東野圭吾さんは非常な好きな作家の一人で映画化もされた「秘密」のラストを読んだときは鳥肌が立ったのを覚えています、ただまわりの知人にはあまり評判がよろしくなく、子供だましだとかご都合主義だとか言われて面..
Weblog: ミステリ、漫画なんかの感想
Tracked: 2005-12-05 16:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。