2005年11月30日

大停電の夜に

先日観て来た映画。「大停電の夜に」

それぞれのクリスマスイヴが始まろうとしていたとき。
すべての光りが一瞬に消え東京は闇に包まれた。

しっとしとした映画だったと思います。
それぞれのストーリーがリンクしていくという物語形式。
感想はと言うとちょっと中途半端だったかなぁと。
リンクの強い弱いがハッキリしていて、
全体が強くビシッと繋がったかと言うと、
そうじゃなかったのが残念。
まあ、繋がってはいるんですけどね。

ただ、ストーリー自体は良いですね。
それぞれが歩んでいる人生を結びつけるっていうのは
視点的にひとつ上の位からみているということで
楽しめるかも。

普段は絶対つながりがない人とも
実は何かを通してリンクしているっていう事実は
日常でもそうですけど、
不思議な縁を感じるようで面白いですね。

ローソクが輝くシーンはなかなかに綺麗です。
普通は大停電になったらパニック映画よりになってしまいますけど、
しっとりと大人のストーリーに仕上げています。
静かな東京を感じるのもたまには良いのかも。

オフィシャルサイト
http://www.daiteiden-themovie.com/
posted by 光る at 07:14| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
光るさん、こんばんは。

「大停電の夜に」、私も観ました。
確かに、もうひとつ何かが足りないような気はしました。
期待していただけに、ちょっと残念です。
良ければ、単行本を購入しようかとさえ思ってたのに。
銀ちゃんはカッコよかったですね。 あり得ないとも思うけど(笑)。
Posted by こまめ at 2005年12月04日 00:29
こういうお話って上手く整合性を取らないと
しっくりこないから難しいですよね。
でも、ビシッと決められたら格好良くなるんだろうなぁって。
恩田陸さんの『ドミノ』とか思い出しちゃいました。

銀ちゃんは地下鉄でサンタで活躍でしたね。
もうちょっと一堂に会したら
面白かったかなって思いましたね〜。
Posted by 光る at 2005年12月04日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

紊у????祉??????????????綽?????
Excerpt: <a href="http://www.daiteiden-themovie.com/"><img alt="" src="http://kupppy.s57.xrea.com/cancheer/gallery/candles.jpg" width="108" height="99" border="0" /></a>
Weblog: 紊?????????
Tracked: 2005-12-04 18:15

大停電の夜にDVD
Excerpt: 東京が大停電に遭遇したクリスマスイブの夜を12人の男女それぞれが経験する物語を 描いたラブストーリー。 「東京タワー」の源考志監督が2003年8月14日に実際に起こった ニューヨーク大停電をモチーフに..
Weblog: 噂の情報屋
Tracked: 2006-04-07 22:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。