2004年10月20日

天職に近い

昨日・一昨日と一日中、仕事でデータ調査をしていました。
運用しているシステムで、データにおかしなものがあって
調査依頼があったのですが、
調べてみると確かにおかしい。

むう。こんなデータ、有り得ないんですけど。。

で、調べ出したのは良いんですけど、
去年の12月のデータだったこともあり、
システム上にログが殆ど残っていない。。

関係者に話を聞き込みしまくり情報収集をして、
データベースや関連する情報から
いくつか仮説を立てては、
そうじゃない、これも違うと繰り返し検討。
でも、こういう場合は大抵手詰まり状態になります。
今回もそうなってしまって、ほぼお手上げ。

ただ、データ調査の醍醐味はここら辺からスタートします。
何と言うか、んーって腕組みして、
もう駄目降参って状態になってから思いつく
大予想が楽しかったり。

観点を変えて出した大予想って結構当たることが多いんですけど、
今回も大当たりでした。ガッツポーズもの。

自分の予想が当たるって嬉しいものがありますね。
それも「ん!?」って閃くタイプのものが良いですね。
不審なデータ調査って割と地味なんですけど、
謎解きみたいで面白いです。

おかしなデータという状況証拠と
プログラムの仕様という制約。
そして、環境やその時の状況という現場。

偶然ですけど、割と天職に近い仕事をしているかもしれません。
posted by 光る at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | SEのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

マスタ不備は落とすもの?

今回のお話はシステム関連色が強いため
一般的ではありません。。
興味・関心のある方だけ読んで頂ければ幸いです。

プログラムの設計をしている時に気になることがあります。
それは、マスタの扱いについて。
マスタ不備の対処をどうするか?です。

今のシステムは殆どと言っていいほど
データベースを利用して構築されていると思います。
データベースの中にはトランデータとマスタデータがあり、
システムはこの2つと+αのデータを使って動いています。

で、悩むのが、マスタ不備の場合をどう考慮するか?
マスタは正しく設定されていることが絶対なのですが、
マスタを設定しているのは人なので、
100%絶対?と言われると、怪しいところもあるかなと。

で、マスタが正しくないとシステムはエラーとなりますが、
そのエラーとなった場合の対処方法をどうしますか?
@エラーとして処理中止。
A処理自体をしないでスルー。

個人的には@派なんですが、A派の人もいるようで。
A派の理由を聞くと、@にすると調査するのが大変だからとのこと。
んー、その理由ってあんまりシステム屋っぽくないですよね?
多分、マスタの設定不備をしてしまう方が悪い
というのもあるんだと思いますけどね。

ケース・バイ・ケースなのかもしれませんが、
理想を言うと、マスタ不備はエラーとするのが正しいと思います。
エラーとして他の処理を含めて止めたくないのであれば、
”マスタ不備である”という処理結果を
何らかの形で残すべきかなと。

システムは決めごとが大事。決めごと集である設計が重要です。
posted by 光る at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | SEのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

人の振り見て何とやら

SEだけに限ったことじゃないと思いますが、
仕事は会議が非常に多いです。
しかも、これって実になっているの??というものも多々。

そんな中、最近先輩から言われた教訓。
「常に会議をやる側の立場で、見聞き考えて。
つまらない、意味の無い会議ほど考えて」と。

先日その先輩と出た会議がまさにそれでした。
とあるイベントを行うので、手順と内容を確認して欲しい、
という出席依頼。
で、出席したのですが、全然内容が分からない。

スケジュールとやることがあるだけで、
淡々と説明。担当者が説明資料を全て作っていて、
細かな注意点や確認などは口頭のみ。
結局、聞いている側は、ふーん、そうなんだぁ、で終了。

そもそも確認して欲しいっていうのに、
こちらに情報を与えてくれないのは酷過ぎだったかな。
終わってからは、先輩と今の会議について
駄目だった点と、自分ならこうするべき
という検討会に花が咲きました。
(↑もう良いから自分の仕事をしろってくらい)

人生いろんなものが教師だったり反面教師。
影で何言われるか分からないような会議はしないように
心掛けましょう。
ちなみに今回のイベントがミスなく完了する可能性は、
先輩曰く、五分五分かな。
上手くいく、という根拠が全く無かったので同意見です。
posted by 光る at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | SEのお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。